トップ資格認定試験 > NSCA認定資格とは

国際的トレーニング指導ライセンス
NSCA認定資格とは?

NSCAの資格認定試験は、世界各国300以上の会場で5ヶ国の言語に翻訳され、実施されています。またその認定者数は、全世界で合計30,000名を超えています。

CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)認定試験は1985年に開始され、世界で25,000名以上が取得しています。ストレングス&コンディショニングの認定資格として唯一、1993年より全米資格認定委員会(NCCA*)の承認を受けています。
NSCA-CPT(認定パーソナルトレーナー)認定試験は、1993年に開始され、世界で約9,500名が取得しています。米国内はもとより、国際的に最も信頼性の高いパーソナルトレーナーの認定資格として、1996年よりNCCA*の承認を受けています。

日本では、NSCA-CPTが1995年から、CSCSが1999年から日本語での受験が可能となり、2016年時点での資格認定者は、NSCA-CPTが約3,000名、CSCSが約1,500名に及んでいます。

NSCAの資格認定試験は、ストレングス&コンディショニング(パーソナルトレーニングを含む)の指導者と、その分野の先端で活躍する研究者からなる職務分析委員会が職務評価を行い、この分析に基づいて専門職に必要な科学的基礎知識から実践応用にわたる包括的な知識について、網羅するように作成されています。また、資格認定試験は専門のテストサービス機関が厳格な規定に則り、公正な試験を実施しています。

全米資格認定委員会(NCCA:Tha National Commission for Certifying Agencies)*

NCCAロゴ

NCCA のミッションは、専門職の能力を評価する資格認定プログラムや機関を認定することによって、一般市民の健康と福祉、安全の確保に貢献する事である。NCCAは、専門家相互の検討過程を経て認定基準を確立し、基準に対する適正度を審査し、適正が証明された機関やプログラムを認定することで、質の高い資格認定に関する情報を提供する役割を果たしている。
NCCAによる認定の目的は、一般市民を含めた資格認定に関係する人々に、専門能力を保証するというニーズに応えられる認定プログラムを告知することである。
NCCAは、全米専門能力保証機構(NOCA)の認定部門であるが、母体からは独立して統治されている。NOCAは、資格認定団体を会員とする組織であり、資格認定の実践に関する専門的、教育的情報を提供している。
(NCCA Standards序文より抜粋)

バーベル

ページトップへ