ノンスコアード問題について

CSCS認定試験には、プレテストとして将来使用する試験問題を評価するための「採点されない試験問題(ノンスコアード問題)」が含まれています。このような問題を含むことによって、CSCS認定試験作成委員会は、将来の試験で実際に出題される可能性のある新しい問題について、重要な情報を集めています。

プレテストは、新しい(未使用の)問題を、試験問題の中に点在させることによって、実施されます(CSCS認定試験には、各セクション10問のノンスコアード問題が出題されます)。受験者が、テスト時間の延長を必要としないように、この少数の問題のみが含まれています。これらの問題は、受験者の資格認定試験の一部として採点されることはなく、各自の合格/不合格には影響しません。ノンスコアード問題は試験の中に点在するので、受験者は実際に採点される問題に対するのと同じ努力をもって解答することになります。

CSCS認定試験が、最新の職務や職責を反映し続けるためには、新しい問題が継続的に導入され評価され続けられなければなりません。プレテストは、統計的に矛盾のない標準化された試験を作成し、受験者が、以前使用した(試験済みの)問題のみに基づいたスコアを受け取ることを可能にする正当なテスト方法です。 ノンスコアード・プレテスト問題は、受験者がどの試験形式を選ぶかにかかわらず、全ての受験者に同じテスト経験を提供するために、コンピュータベースの試験でも出題されます。

Explanation of Nonscored Exam Questions

The CSCS Exam contains nonscored questions that are being "pretested" or evaluated for future use. Including this type of question allows the CSCS Exam Development Committee to collect meaningful information about new questions that may appear as real scored questions on future exams.

Pretesting is accomplished by interspersing new ("untried") questions throughout the exam (10 nonscored questions appear in each section of the CSCS Exam). Only this small number is included so that additional testing time will not be needed by exam candidates. These questions are not scored as part of a candidate's certification exam, and they do not affect an individual's pass/fail status. The nonscored questions are scattered throughout the exam so candidates will answer them with the same effort that they give to the actual scored questions.

To keep the CSCS Exam reflective of current job-related duties, new questions must continuously be introduced and evaluated. Pretesting is an accepted testing practice that creates a statistically sound standardized exam and allows candidates to receive scores that are based only on previously used ("tried") questions. Nonscored pretest questions also appear on the computer-based exam format to provide the same testing experience to all candidates, regardless of which exam format a candidate chooses.