トップセミナーフォーラム・カンファレンス > NSCAジャパン S&Cフォーラム2017/第17回総会

NSCAジャパン S&Cフォーラム2017/第17回総会

本年度のNSCAジャパンS&Cフォーラムは、老化研究の第一人者・東京都健康長寿医療センターの新開省二氏、日本アスレティックトレーニング学会の代表理事でもある山本利春氏、そして柔道男子ナショナルチーム総務コーチ(体力強化部門長)と して、リオ五輪での柔道復活を支えた岡田隆氏を迎え、計4時間30分の充実した内容の講演を予定しています。 なお、「NSCAジャパン第17回総会」も併せて同日に行ないます
S&Cフォーラムおよび総会のお申し込みは各々別途となりますのでご注意ください。

S&Cフォーラム2017

日時 2017年6月18日(日) 10:00〜15:45 (9:15〜受付)
※終了後に第17回総会を行ないます。(16:00〜17:15)
会場 笹川記念会館 (東京都港区三田3-12-12)
定員 700名 ※定員に達し次第締め切ります
後援 厚生労働省、スポーツ庁、公益財団法人 健康・体力づくり事業財団、健康日本21 推進全国連絡協議会、公益財団法人 笹川スポーツ財団、ジャパン・アスレティックトレーナーズ機構(JATO)、スマート・ライフ・プロジェクト、公益財団法人 体力つくり指導協会、特定非営利活動法人 日本健康運動指導士会、公益財団法人 日本体育協会、公益社団法人 日本フィットネス協会、公益社団法人 日本ボディビル・フィットネス連盟
協賛 Platinum Sponsor (Exhibitor)
株式会社THINKフィットネス 株式会社ドーム
Gold Sponsor (Exhibitor)
株式会社ザオバ 株式会社ウエサカ ティー・イー
Silver Sponsor (Exhibitor)
Wattbike Japan
Official Sponsor (Exhibitor)
ミューラージャパン株式会社株式会社ニシ・スポーツ有限会社フィットネスアポロ社日本キスラー株式会社有限会社ラウンドフラットセノー株式会社有限会社NAPサンテプラス株式会社
Official Sponsor
エクスプロージョン合同会社マッシュコーポレーション株式会社セイコーウオッチ株式会社株式会社タニタ株式会社ハヤブサ技研有限会社トライ・ワークス株式会社サタケ
内容・講師 下記参照
申し込み方法 事前申し込みは終了しました。
参加を希望される方は当日会場へお越しいただき、当日料金でのお支払いをお願いします。
お支払い方法 クレジット決済またはコンビニ払いを選択いただけます
参加費 正会員/英文会員/米国会員:7,290円(当日料金8,000円)
学生会員:6,561円(当日料金7,000円)
一般:8,748円(当日料金9,000円)
託児 イベント出張託児「あいね」の託児が受けられます。お子さまを預けて参加したい方は、ぜひご利用ください。
→5/31にて受付終了しました
キャンセル
ポリシー

下記日時までにキャンセルのご連絡をされた場合、手数料540円を差し引いて返金いたします。この日時以降は、キャンセルチャージとして参加費100%を申し受けます。キャンセルに伴う返金はいたしませんので、あらかじめご了承ください。

ウェブサイト「マイページ」からのご連絡:6月9日(金)17:30受信分まで
電話でのご連絡:6月9日(金)17:30まで

キャンセルは、会員の方はマイページの「申し込み状況」にある[キャンセル]ボタンから、一般の方はメールまたは電話にてお願いします。

CEU S&Cフォーラムに参加:1.0(カテゴリーA)
※2015年より「総会」出席に対するCEU付与は廃止いたしました。
他団体資格の
単位付与

健康運動指導士・健康運動実践指導者:講義4.5単位
(※日本体育協会公認スポーツ指導者が「義務研修会」として利用することも認められています。)
JAFA/GFI:(旧)2.0単位 (新)4.5単位
高齢者体力つくり支援士:1.0単位

NATAの単位についてはこちらのページ下部をご覧ください。

ページトップへ

S&Cフォーラム概要

講演1 10:00〜11:30

写真

健康長寿の疫学研究からのエビデンス‐ポイントは栄養、体力、社会参加
−健康長寿の三本柱(栄養、体力、社会)−

新開 省二
東京都健康長寿医療センター研究所副所長

日本人高齢者を対象とした疫学研究から健康長寿の要因が分かってきた。健康長寿には中年期以降の生活習慣病の予防と管理の他、高齢期の心身機能の加齢変化をいかに抑制するか、この二つの視点が大切である。いずれも適切な栄養と体力づくりが重要であり、若中年期の健康度は高齢期のそれを大きく左右するが、高齢期になっても遅いということはない。さらに、高齢期のセカンドライフのあり方は、栄養摂取や体力レベルに大きく影響してくる。本講演では、長年にわたる健康長寿の疫学研究から得られたこれらエビデンスをすべてお伝えしたい。

講演2 12:30〜14:00

写真

アクアコンディショニングの理論と実際
−3R(リハビリ、リカバリー、リラクセーション)への活用−

山本 利春
CSCS, 日本体育協会公認アスレティックトレーナーマスター, NSCAジャパン監事, 国際武道大学教授

スポーツ選手のアスレティックリハビリテーションやリカバリーを目的とした効果的なアプローチとして、水を活用したリコンディショニングを推奨したい。水の特性(浮力、抵抗力、水温、水圧)を活用することで、安全で効果的な筋力強化、荷重制限、段階的な負荷強度の設定、柔軟性・関節可動域の改善、障害部位へのリスク管理、疲労回復などに応用できる。今回は、アクアコンディショニングの有効性と具体的な活用例を、水が人体に及ぼす影響に触れながら紹介したい。

講演3 14:15〜15:45

写真

柔道復活を担ったストレングス&コンディショニング −リオデジャネイロ五輪の実際−
岡田 隆
CSCS, リオデジャネイロオリンピック柔道男子ナショナルチーム総務コーチ(体力強化部門長), 日本体育大学准教授

昨夏、日本選手の活躍で盛り上がったリオ五輪。中でも男子柔道は、7階級制になって史上初となる全7階級でのメダル獲得を成し遂げた。1964年東京五輪で柔道がオリンピック種目となって以来、男子は金メダルを取り続けてきたが、2012年ロンドン五輪では金メダル0個という歴史的大敗を喫する。このロンドン五輪からどのようにして復活を遂げたのか。その要因のひとつである体力強化をメインに、リオまでの4年間のプロセスを紹介する。

ページトップへ

第17回総会

日時 2017年6月18日(日) 16:00〜17:15
会場 笹川記念会館 (東京都港区三田3-12-12)

正会員の方へ

2017年4月1日現在、正会員としてご登録いただいている方には、別途総会のご案内を5月上旬にお送りいたします。同封の出欠連絡票に必要事項をご記入の上、6月9日(金)必着で必ずご返送ください

学生会員・英文会員・米国会員の方へ

総会の表決権*はございませんが、傍聴は可能です。ご出席を予定している方は、NSCAジャパン事務局へ電話にてお申し込みください。
電話:03-3452-1684(平日9:00〜17:30)

*表決権:NSCAジャパン定款第4章(会議)第22条(総会の構成) 「総会は正会員をもって構成する」

ページトップへ


お問い合わせ
Tel:03-3452-1684
Fax:03-3452-1690
E-mail:forum@nsca-japan.or.jp