トップQ&A > 資格認定試験について

資格認定試験について

試験について 出願手続きについて NSCA資格認定試験ハンドブック
試験予約などの方法について 試験当日について
こちらのNSCA資格認定試験ハンドブックも合わせてご覧ください→

試験について

どんな職種の人が受験しているのですか?
体育・スポーツ系の大学生、専門学校生、フィットネスクラブのインストラクター、鍼灸あんまマッサージ師、理学療法士、医師、学校の教員、アスレティックトレーナー、元アスリート、スポーツコーチ、チーム監督の方などが受験しています。もちろんそれ以外のどんな職業の方でも受験することができます。
近年、CSCSは治療関係や医療関係の方、NSCA-CPTは専門学校生やフィットネスインストラクターの方の受験が増えています。
大学を卒業していないのですが、CSCS認定試験は受けられますか?
NSCAはCSCSの信頼性を維持するために、学位を必須としています。CSCSを取得するには、学位を取得しており、試験に合格するだけのストレングス&コンディショニングに関する十分な知識を身につけていることが必要です。ただし、4年制大学を卒業していない場合でも、4年制大学、独立行政法人大学評価・学位授与機構、もしくは海外の大学より学位を授与された方、高度専門士の称号を付与された方はCSCS認定試験を受験することができます。
また、現在大学4年生の方は、CSCS認定試験に出願することができます。ただし、出願時に卒業見込み証明書が必要であり、受験日から1年以内に卒業証明書の原本をご提出いただけない場合は、試験の結果は無効となります。
NSCAは、どのような経験や専門的知識があろうとも、学歴に関する例外は一切認めません。これは、教育課程、競技経験、トレーニングの実践、業務経歴、および他の認定資格による知識の価値を認めていないわけではなく、CSCSの学歴水準を一定に保つためです。

詳しくはこちら

体育・スポーツ系の学位を取得していなければCSCSは受験できないのですか?
いいえ、どのような学部出身でも受験できます。体育・スポーツ系学部以外の出身者で、CSCSに合格している方はたくさんいます。
試験対策の講座はありますか?
「受験対策講座」の講義動画を、会員専用マイページよりご購入いただくことができます。いつでも好きな時間で学習できるのでおすすめです。
講義は年に1回、関東・関西の会場でも受講することができます。詳細は決まり次第、ウェブサイトセミナーページに掲載いたしますので、ご参照ください。
合格するためには、どのくらい勉強すればよいですか?

残念ながら、この質問に対する明確な答えはありません。受験者個人の知識や試験に対する準備状況は様々です。体育・スポーツ系の大学、専門学校を卒業されていて、ある程度の知識がある方は、受験用教材を読むだけでよいかもしれません。しかし、上記のような課程を経ていない方は、まずは教材を読んでどのような内容か確認し、さらにNSCA以外のスポーツ科学関連の書籍などで、時間をかけて学習する必要があるかもしれません。多くの受験者は、3〜9カ月間は試験のために準備をしているようです。

こちらの学習方法もご覧ください

教材の『模擬問題集』に記載されている設問は、実際の認定試験の過去問ですか?
いいえ、ちがいます。『模擬問題集』に掲載している設問は、実際の試験と同じ範囲や難易度で、新たに作成したものです。
合格率は?
CSCS認定試験の両セクションの合格率は約50%です(基礎科学セクションの合格率の方が、実践/応用セクションよりも若干高くなっています。両セクションに合格しなければ、CSCSとして認定されません)。
NSCA-CPT認定試験の合格率は、約60%です。
注:上記の割合は、2014年度に日本で実施した認定試験における合格率です。
合格点は?
Scaled score(スケールド・スコア)「70」が、各セクションの合格ラインです(CSCS:2セクション、NSCA-CPT:1セクション)。
Scaled scoreとは、統計的に算出した相対的スコアを表します。CSCS認定試験では両セクションとも70に達しなければ認定されません。しかし、次回以降の受験で、不合格だったセクションだけを受験して70に達すれば、CSCSとして認定されます。
認定試験は何度でも受験可能です。ただし、毎回受験料が必要です。
Scaled Scoreとは?
米国NSCAの認定委員会は、スポーツ科学分野の研究結果や専門職の実践の発展に対応して、毎年試験を修正しています。認定委員会の試験サービス部門は、試験の最終バージョンを完成させるために、テスト方法と測定原理に従って、設問を見直し、編集しています。
このように修正を続けていてバージョンが変わり、難易度が異なるためにScaled scoreを使用しています。新しいバージョンの試験では、各分野のいくつかの設問が新しいものに変わります。この変更は、バージョンによる難易度の差を調整することが目的です。この難易度の差をなくすことを、「equating(等化)」といいます。「equating」の目的は、すべての受験者への公平性を確保することです。
Scaled scoreは実際の点数から、統計的に算出します。合格点は、委員会の専門家が決定した、認定者に必要な知識量を反映しています。合格点の決定の際は、目標基準準拠法と専門家の判断によって、設問ごとに評価します。そのため、得点は分布曲線を基にしたものではなく、すべての受験者から独立したものになります。
合格点を設定する際には、「equatingシステム」を使用し、心理測定法と米国承認基準に従っています。米国NSCAは以上のように試験を運営しています。
試験で間違った設問とその解答は教えてもらえますか?
お教えいたしません。
資格認定試験は何回まで受験できますか?
CSCS認定試験、NSCA-CPT認定試験ともに、再受験の回数制限はありません。ただし、同一の認定試験を90日以内に連続して受験することはできません。また、CSCS認定試験で1セクションのみに合格した場合、その合格の有効期限1年以内は、90日の間を空ければ何度でも残りのセクションのみを受験することができます(注:合格有効期限の規定は、2016年4月以降に導入するコンピュータベース試験以降のものです)。
一度受験した後、すぐに再受験の手続きを行うことができますが、受験日と受験日の間が90日開空かなければ再受験できないよう、システムで制御されます。
コンピュータベース試験とは何ですか?
紙と鉛筆を用いて試験を行うのではなく、コンピュータを使用して試験を行う方法です。コンピュータの画面上に試験問題と選択肢が表示されるので、順番に解答を進めます。 NSCA資格認定試験は、米国試験管理会社・ピアソンVUE(ピアソン・ビュー)が代行します。
ピアソンVUE(ピアソン・ビュー)とは?
主要なIT系資格試験をはじめ、語学試験や金融・医療、その他のプロフェッショナル資格試験を世界各国で配信する試験管理会社です。トレーニングに関連する資格試験は、NSCAの他、ACSMのみ実施されております。
CSCSとNSCA-CPTのどちらを受験した方が良いのでしょうか?
ご自身の指導現場にあわせて受験をご検討されることをおすすめします。CSCSは主にアスリートを対象としたトレーニング指導を対象とし、NSCA-CPTは一般のクライアントに合わせた指導が対象です。

詳しくはこちら

ページトップへ

出願手続きについて

卒業証書と卒業証明書の違いは?
どちらも卒業を証明するものですが、「卒業証書」は個人に授与されるものであり、1枚のみの交付で再交付は不可能です。一方、進学や就職時において、対外的に卒業を証明するものが「卒業証明書」です。NSCA資格認定試験の出願には「卒業証明書」が必要です。卒業証書のコピー、または卒業証書自体は認められません。卒業証書は大切に保管しておいてください。
卒業証明書は、卒業された学校で、有料で発行してもらえます。なお、申請からお手元に届くまで数週間かかる場合がありますので、出願をお考えの方は、早めにご用意ください。

卒業証明書例

再受験する際の手続きはどうなりますか?
再度、マイページから出願手続きを行っていただきます。なお、提出書類について、卒業証明書の再提出は不要となります。CPR/AED認定証のコピーに関しては、初回受験の際にご提出いただいた場合、認定証の有効期限内に再受験の手続きを行う場合は不要です。有効期限が切れている方や未提出の方は、提出していただく必要があります。
なお、紙ベース試験(2016年2月以前)で受験経験がある方でも、コンピュータベース試験での受験が初めての場合は、書類提出が必要となります。
出願手続きの流れはどのようになりますか?
マイページから、出願手続きと受験料の支払い手続きを行っていただきます。その後、必要書類を提出していただきます。 3点の手続き(出願・受験料の支払い・必要書類の提出)がすべて確認できましたら、出願手続きは完了となります。

※マイページはNSCAジャパン会員の専用ページです。会員でない方は、入会手続きを先に行ってください。

出願手続きが完了するまで、どのくらいかかりますか?
およそ2週間です。3点の手続き(出願・受験料の支払い・必要書類の提出)を行っていただいた後、米国NSCAへ受験者登録の手続きを行います。その登録が完了すると、試験代行会社ピアソンVUEより、願書受理メールが届きます。手続きが終了し、メールが届くまでがおよそ2週間です。
そのため、出願と受験料の支払いを早めに行ったとしても、必要書類と提出が遅れてしまった場合は、願書受理メールが届くまでさらに時間がかかってしまいますので、必要書類の準備も早めに行っていただくことをおすすめします。

ページトップへ

試験予約などの方法について

試験をキャンセルする場合はどのようにすれば良いですか?
マイページより、キャンセル手続きメールを送っていただきます。ただし、すでに試験予約の手続きをされている場合は、キャンセル手続きを行うことができませんので、『予約の一時保留』の手続きを行っていただきます。
試験予約はどのように行いますか?
ピアソンVUEより送られてくる『願書受理メール』内に、ピアソンVUEのアカウントが記載されており、ログインしていただくと試験予約を行うことができます。
予約変更はできますか?
はい。ピアソンVUEのアカウントから行うことができます。
『予約の一時保留』と『受験キャンセル』の違いは何ですか?
『予約の一時保留』とは、一度試験予約を行ったものの、都合が悪くなったため、その予約を取り消して次の予約を保留にしておくことです。この場合、有効な受験期間中に再度試験予約を行うことができます。手続きはピアソンVUEのアカウントから行います。
一方、『受験キャンセル』は、試験を完全にキャンセルすることを指します。この手続きは、NSCAジャパンマイページにて行いますので、お間違いのないようご注意ください。

ページトップへ

試験当日について

結果はいつ分かりますか?
試験終了後、試験官からその場でスコアレポートが手渡されますので、すぐに分かります。
予約した日時に会場へ行けなかった場合はどうなりますか?
予定した試験開始時刻に15分以上遅れた受験者は、原則として受験は認められません。なお、空席状況や、その他の条件により、受験の可否はテストセンターの裁量で決まります。テストセンターが遅刻者を受け入れられない場合、当日の受験はできません。予約した試験は「欠席」とみなされます。

ページトップへ