トップQ&A > 継続教育(CEU)について

継続教育(CEU)について

詳しくは『CEUの手引き』をご覧ください。

認定資格を継続するにはいくらかかりますか?
認定資格を継続するための資格更新料は、CEU報告年には関係なく必要CEU数に応じて算出されます。
認定日必要CEU数資格更新料
2014年以前6.09,000円(税別)
2015年4.06,000円(税別)
2016年2.03,000円(税別)
2017年1月〜6月1.01,500円(税別)
2017年7月以降--
自分の資格認定日がわかりません
資格認定日は、原則的には、資格認定試験を受けた日になります。ただし、CSCS認定試験を、大学卒業見込み等で受験して合格された方の資格認定日は、ご卒業月の翌月1日となります。また、有効なCPRおよびAEDの認定証のコピーを提出されずに受験して合格された場合は、認定証のコピーをNSCAジャパンが受理した日が資格認定日となります。お送りする資格認定証に認定日も記載されていますのでご確認ください。
会員の有効期限が過ぎてしまったら認定資格はどうなるのですか?

NSCAジャパン会員の有効期間は1年間です。一方、認定資格の有効期間は定められた有効期限までです。
会員と資格の有効期間は別なので、資格の有効期間中に会員の有効期限が切れても資格は有効です。ただし、会員の有効期限が切れている間は、認定資格の継続に必要な継続教育単位(CEU)の加算はできません。会員の有効期限については、会員証をご確認ください。

CEUクイズとは?
機関誌に年8回掲載されるCEUクイズに解答すると、70%の正解で1回ごとに0.2CEU(カテゴリーB)が取得できます。
マイページにログインいただき、「CEU情報」メニューよりご解答ください。
CEUが足りないのですが
CEU報告期間は3年間です。この期間内に、各自の必要CEU数を計画的に取得してください。最終年の報告時にCEUが必要数に満たない場合、またはCEUの報告が完了しない場合、認定資格は失効になります。
継続教育の趣旨をご理解のうえ、計画的に活動してください。
地方在住でCEUが取りにくいのですが
最も手軽なCEU取得方法であるCEUクイズをご活用ください。また、カテゴリーDに「パーソナルディベロップメント」「ホームスタディ」があります。
ただし、カテゴリーに上限が決められていますのでご注意ください。

詳しくはこちらもご確認ください。

【CEU取得例(3年間)】
活動 CEU数(カテゴリー)
CEUクイズ20回 4.0(B)
パーソナルディベロップメント3年間 1.5(D)
ホームスタディ1分野 0.5(D)
合計 6.0(完了)
必要CEU数を取得したら何もしなくてもよいのですか?
いいえ。「CEU報告」という資格更新のための手続きをしていただけなければ、資格は更新できず、失効してしまいます。必要CEU数を満たしたらマイページにアクセスし手続きを行いましょう。
取得したはずのCEUが「マイページ」で確認すると、自分の計算と合わず少ないです。
カテゴリー別の上限値に達していませんか?たとえば、3年間で6.0CEUが必要な方のカテゴリーBの上限値は4.0CEUまでです。CEUクイズはカテゴリーBですので、0.2CEU(70%正答)×20回=4.0CEUまでは、加算対象ですが、21回目以降は資格更新のためのCEUとしては加算されません。

ページトップへ