NSCAジャパンモデル事業助成

現在、日本社会が抱える問題として、高齢者問題(2025年問題:団塊の世代が75歳以上になる)や、幅広い世代にわたる運動機会の減少など、S&C専門職にとっては様々な社会問題に貢献できる重要な局面にあると思われます。このような局面において、会員の皆様の中にはすでに優れた活動をされている方が多く存在すると思われますが、そのような活動を協会として認定、支援し、他の会員に対し研修することで、これらの活動が各地にも広がっていくことが考えられます。また、自治体等とタイアップし、健康教室等においてこれらの活動を実施することで、エンドユーザーに対してNSCAを通したトレーニングの普及実現の一助となるものと考えます。以上のような経緯から、本助成を実施する運びとなりました。

応募要項

1.助成の趣旨

NSCAジャパンのストレングス&コンディショニング(S&C)の認知向上活動の一環として、会員(NSCA認定資格者)が、一般向けに実施しているS&C指導活動を、NSCAジャパンモデル事業(以下「本活動」という)と認定し、本活動を普及させるための指導者研修活動等に係る費用を助成することで、NSCAジャパンおよびS&Cの認知向上につなげる。

2.助成対象

以下の条件をすべて網羅する活動であること。

*1:一般エンドユーザーとは、子ども、一般成人、中高齢者、アスリート、女性などの個人またはチーム(グループ)、または、上記を対象としたプログラムの統括者(提供者)であるフィットネスクラブ担当者、スポーツコーチ、都道府県/市区町村(スポーツ、健康関連課)担当者、企業担当者、NF担当者、高体連/UNIVAS担当者など、現在または将来的に、NSCA資格認定者が活動できる場となる可能性のあるすべての対象者を含む。
*2:本活動を普及するための指導者研修の募集、受付は、NSCAジャパン事務局が行います。当日の運営は、原則として本人が責任をもって行います。

3.応募資格

以下の条件をすべて満たすこと。

4.応募方法

送付先
NSCAジャパン事務局 モデル事業担当
E-mail:nscajapan@nsca-japan.or.jp

5.助成の決定

NSCAジャパン理事会で提出された申請書の審査を行い、助成の可否を決定します。
申請者には電子メールまたは郵送にて、2021年9月(予定)に審査結果の通知を行います 。

6.助成額および期間

7.助成金の支給

8.助成金の使途

助成金は、本活動を普及させるための指導者研修活動(以下、「研修活動」という)に係る費用とし、次の費用項目に分けて申請書に記載してください。

9.受給者の責務

10.個人情報の取扱い

申請書に含まれる個人情報は、本助成事業の業務遂行上必要な範囲内で利用し、それ以外の目的で利用したり、外部に提供したりすることはありません。