最優秀指導者賞

ストレングス&コンディショニングコーチ、またはパーソナルトレーナーとして、会員の手本となるような素晴らしい功績をあげたと認められるNSCA会員(米国会員含む)に対して、その功績を讃えて授与します。

ストレングス&コンディショニングコーチ・オブ・ザ・イヤー2019

写真

中嶋 風太 氏 CSCS, マスターコーチ(株式会社プロフェッショナルトレーナーズチーム, 神戸製鋼コベルコスティーラーズS&Cトレーナー)

前年2018年のジャパンラグビートップリーグ総合順位決定トーナメント兼日本ラグビーフットボール選手権大会優勝に続き、ジャパンラグビートップリーグカップ2019においても優勝した神戸製鋼ラグビーチームのS&Cトレーナーとしてチームを支えられたことによる。

パーソナルトレーナー・オブ・ザ・イヤー2019

写真

菊池 考祐 氏 CSCS(医療法人社団みのり会 疾病予防運動施設 メディット21)

自身の勤務先の仕事とは別に、2012年より愛媛県西予市の事業として、健康教育という枠で介護予防の運動指導を行い、その活動が評価され、年々回数が増え、7年目を迎えた2019年は、年間で13地区20回もの指導を実施され、公民館や集会場を会場として保健師らとともに活動し、地域の高齢者に向けたトレーニング普及活動を推進しており、長年にわたり一般の方への健康増進に大きく貢献されたことによる。

森永最優秀研究論文賞・森永最優秀事例報告賞

『ストレングス&コンディショニングジャーナル』への投稿記事の中から、年1回、最優秀論文(研究論文および実践報告より各1篇)を選出し、森永最優秀研究論文賞・森永最優秀事例報告賞として表彰します。

森永最優秀研究論文賞

中馬 健太郎 氏(ジュビロ磐田強化担当兼フィジカルアドバイザー)

森永最優秀事例報告賞

該当者なし