資格更新手続きルール専用ページ

資格更新の仕組み
CEUを取得し資格更新手続きをする上で必要なルールをまとめてあります。計画的に継続教育活動を行えるように、活動ルールについて把握しましょう。
①有効期間・必要CEU
有効期間
NSCA認定資格の有効期間は3年間です。なお、有効期間は、資格認定日から3年間ではなく全資格認定者の共通の期間として設定されており、今期の有効期間は以下の通りです。
有効期間:2021年1月1日~2023年12月31日
有効期間内にCEUを取得して資格更新手続きを完了することで、来期の3年間、NSCA認定資格が有効となります。
(有効期間内に資格更新手続きが完了できなかった場合は、認定資格を失効します。)
※NSCAジャパン会員の有効期限が切れていても、今期の有効期間中はNSCA認定資格は有効です。ただし、NSCAジャパン会員の有効期限が切れていると、NSCA認定資格の継続に必要なCEUの加算が行われず、資格更新手続きを行うことができません。

必要CEU
必要CEUとは、資格認定者が、資格更新手続きを行うために必要なCEU数のことで、資格認定時期ごとに定められています。以下の表をご参照ください。
資格認定時期 必要CEU数
2020年以前 6.0
2021年 4.0
2022年 2.0
2023年1月~6月 1.0
2023年7月~12月 0
(2023年7月~12月の資格認定者は、CEUの取得および資格更新手続きは不要です。)
②CEUカテゴリー・カテゴリー上限
CEUを取得するための活動には、主にNSCAジャパン主催の教育イベントへの参加、S&Cやパーソナルトレーニングの記事に関連するクイズの解答や自己学習活動の申告などがあります。これらの活動は、A・B・C・Dの4つのカテゴリーに分けられます。各カテゴリーには資格更新に必要なCEUとして加算される上限値が設定されていますので、上限値以上に取得したCEUは必要CEUに加算されません。必要CEU数毎の各カテゴリーの上限値は以下の通りです。
また、CSCSとNSCA-CPTの両方の認定資格を保持している場合、取得したCEUは両方の資格に加算されます。
例)「0.3CEU(カテゴリーA)」が付与されるADセミナーを受講した場合、CSCSのCEUとして「0.3CEU(カテゴリーA)」、NSCA-CPTのCEUとして「0.3CEU(カテゴリーA)」が付与されます。
資格認定時期 カテゴリー 上限値
2020年以前
(必要CEU6.0)
A 5.5まで
B 4.0まで
C 5.5まで
D 4.0まで
2021年
(必要CEU4.0)
A 3.5まで
B 3.0まで
C 3.5まで
D 3.0まで
2022年
(必要CEU2.0)
A 1.5まで
B 1.0まで
C 1.5まで
D 1.0まで
2023年1月~6月
(必要CEU1.0)
A 1.0まで
B 1.0まで
C 1.0まで
D 1.0まで
(各カテゴリーに記載しているCEU数分のCEUを全て取得する必要はありません。取得したCEUの合計が、必要CEU数以上になれば資格更新を行えます。)
③資格更新手続き
必要CEU数を満たした後、資格更新手続きを行うことで、来期の3年間、NSCA認定資格が有効となります。
資格更新手続き期限の2023年12月31日までに資格更新手続きが完了しなかった場合、認定資格を失効してしまいますので、早めに資格更新手続きを行いましょう。
※今期資格更新手続き期間(2021-2023)の資格認定証は2021年2月中に、発送予定です。
上記よりも早く認定証が必要な場合は、”資格更新手続き完了証明書”を発行いたしますので、ご希望の方はNSCAジャパンCEU担当宛てに、一度ご連絡ください。(E-mail:ceu@nsca-japan.or.jp

手続き完了までの流れを動画にて説明しております↓


資格更新料
資格更新には資格更新料が必要です。資格更新料は資格の認定時期によって異なります。以下の表をご参照ください。
またCSCSとNSCA-CPTの資格認定者が、両方の資格を更新する場合、2つ目の認定資格の資格更新料は50%の料金(資格認定年によって異なる)となります。
例)2020年以前からCSCS、NSCA-CPTの両方の認定資格を保持している場合、下記のように計算されます。
・9,900円+4,950円(9,900円の50%)=14,850円 ※税込表示
資格認定時期 資格更新料
2020年以前 9,900円
(税込)
2021年 7,700円
(税込)
2022年 5,500円
(税込)
2023年1月~6月 3,300円
(税込)
2023年7月~12月
(2023年7月~12月の資格認定者は、CEUの取得および資格更新手続きは不要です。)
④CPR/AEDの保持・確認
CPR/AEDの保持
NSCA資格認定者には、CPR/AED認定を常に保持していることを義務付けています。運動指導の現場では、一次救命の場面に直面する確率は非常に高く、運動指導者に対して求められる一次救命の技術は、市民による善意のものとは異なると考えられています。S&C専門職やパーソナルトレーナーという立場の資格認定者は、不測の事態が起こった場合に、適切な処置ができないと安全配慮義務を怠ったと判断され、法的責任を負う可能性もあると言われています。その為、常にCPR/AED認定を保持していることを義務付けています。NSCA認定資格の保持に必要なCPR/AED認定の基準は以下の通りです。
  • 【NSCA資格認定の保持に必要なCPR/AED認定の基準】
  • 講習に実技が含まれていること(オンラインのコースは不可)
  • 実技評価が含まれていること
  • ※傷病者が成人を対象とする講習会に限ります。

注意
※「団体名」・「コース名」・「資格認定期間」は変更になっている可能性もございます。予めご承知おきください。
※講習会の日程や内容などの詳細は、各団体へ直接お問い合わせください。

AED

※お知らせ
コロナウィルス感染症の影響により、一時的にオンライン型のCPR/AED講習が、NSCAの資格保持に有効な講習と認められることになりました。
詳しくは、こちらをご確認ください。

Information
2021/11/1
CEU取得活動「④カテゴリーD」について、内容を更新しました。
2021/1/25
本ページの今期資格更新手続き期間用にリニューアルしました。

資格更新の手引き

画像をクリックすると、
PDFで開きます。(679KB)

関連ページ