試験に合格するには、ストレングス&コンディショニング(以下S&C)に関する基礎知識と、指導現場で求められる応用力が必要となります。

受験者のみなさんが、自身のバックグラウンドに合わせて学習計画を立てられるよう、「基礎知識」と「実践内容(現場での応用力)」それぞれに対しての得意・不得意を考慮した4タイプのタイプ別学習法を作成しました。
学習期間とその内容は、あくまでも目安ではありますが、参考になれば幸いです。

CSCS

タイプA:さらっと復習

大学や専門学校等で勉強済みもしくは基礎知識に自信があり、トレーニングの指導経験がある。

タイプA を見る

タイプB:実践内容を重点的に

大学や専門学校等で勉強済みもしくは基礎知識に自信があるが、トレーニングの指導経験がない。

タイプB を見る

タイプC:基礎内容を重点的に

学校で勉強をしたことはなく基礎知識に自信はないが、トレーニングの指導経験がある。

タイプC を見る

タイプD:じっくり学習

基礎知識もトレーニング指導もこれから。

タイプD を見る

NSCA-CPT

タイプA:さらっと復習

大学や専門学校等で勉強済みもしくは基礎知識に自信があり、トレーニングの指導経験がある。

タイプA を見る

タイプB:実践内容を重点的に

大学や専門学校等で勉強済みもしくは基礎知識に自信があるが、トレーニングの指導経験がない。

タイプB を見る

タイプC:基礎内容を重点的に

学校で勉強をしたことはなく基礎知識に自信はないが、トレーニングの指導経験がある。

タイプC を見る

タイプD:じっくり学習

基礎知識もトレーニング指導もこれから。

タイプD を見る

※このページの情報には特定の方向けの内容も含まれており、すべての方にとって有効な情報であるとは限りません。情報の利用ついての最終的な判断はご自身にてなさるようお願いいたします。