トップ >新型コロナウイルス感染症拡大に伴うサービス体制について

新型コロナウイルス感染症拡大に伴うサービス体制について

NSCAジャパンでは、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から在宅勤務体制としておりましたが、7月1日(水)より交代勤務体制へ移行しました。
主なサービスにおいては以下のような対応(状況)となっております。

お問い合わせ

平日11:00~15:00の時間帯で電話お問い合わせ対応をいたします。お電話が繋がりにくい場合や各種お手続きにお時間をいただく場合がございますが、ご理解のほどお願い申し上げます。
なお、お急ぎでない場合は、引き続きメールでのお問い合わせにご協力をお願いいたします。

入会・継続

入会は通常どおり受け付けしています(郵送でお申し込みいただいた場合は、通常よりお時間をいただいております)。
入会の方および継続手続き締め切り日を過ぎてから継続手続きされた方への会員証の発送は週に1回となります。継続手続き締め切り日までに継続手続きを終えられた方には、通常通り、有効期限が切れる月の22日前後に会員証を発送いたします。

主催セミナー

NSCAジャパン主催および共催の参加型セミナーの実施は見合わせております。
再開時期については、今後の情勢をみて慎重に検討してまいります。

資格認定試験

出願は、通常通り受け付けておりますので、マイページよりお手続きください。
なお、新型コロナウイルス感染症の拡大地域において、一部のピアソンVUEテストセンターが閉鎖される可能性がございます(最新の情報はこちらをご覧ください)。
資格認定証は、月に2回の発送となります。こちらも合わせてご覧ください。

また、来場型のCPR/AED講習会が控えられている状況を受け、一時的にオンライン形式のCPR/AED講習会も有効なものと認める対応を行っております。詳細はこちら

継続教育活動・有効なCPR/AEDの保持

継続教育活動

セミナー等に代わるCEUの取得機会として、インターネット上の教育コンテンツをご利用ください。
資格更新するためのCEU取得のパターンは、こちらをご覧ください。

new有効なCPR/AEDの保持

来場型のCPR/AEDの講習会が十分に開催されていない状況であります。このことから、米国NSCA本部の指示を受け、一時的に、オンライン型のCPR/AED講習を、NSCA資格認定者における資格保持に有効な講習と認めることといたしました。オンライン型のCPR/AED講習会を受講し認定証(修了証)を取得することでも、NSCAの資格保持に有効なCPR/AED認定を保持してると認められます。

オンライン形式のCPR/AED講習の例
・総務省消防庁:一般市民向け応急手当WEB講習

※その他オンライン型CPR/AED講習会実施団体一例
・日本赤十字社
・日本ライフセービング協会

NSCAジャパンショップ

発送会社・配送会社の営業状況により、購入された商品などのお届けに、通常よりもお時間がかかる可能性がございます。

指導者賠償責任保険

通常どおり受け付けしています。マイページ下部の「賠償責任保険」よりお申し込みください(毎月15日締め翌月1日補償開始)。

Human Performance Center(HPC)

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、1枠あたりの利用人数を制限して営業しています。