トップ >NSCAジャパンとしての取り組みおよび支援に関する情報

NSCAジャパンとしての取り組みおよび支援に関する情報

NSCAジャパン会員の皆様へ

いつもNSCAジャパンの活動にご協力いただきありがとうございます。
会員の皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、指導活動が制限されたり、休止せざるを得ない方もおられることと存じます。
NSCAジャパンとしても会員の皆様と一緒にこの危機を乗り越えていきたいと考えており、業界の他の団体とともに、スポーツ庁を通じて経済産業省に対して、フリーランスの指導者に関する調査への回答を行い、今後のさらなる調査協力や経済支援への対応協力についての申し出を行っております。これにつきましては、引き続き他の団体と足並みをそろえて、皆様の活動を支援できるよう継続していく所存です。

現在、以下のような支援情報が経済産業省やスポーツ庁、J-Netなどから配信されております。また、米国NSCAよりアスリートのトレーニング再開に関するガイドラインの情報も公開されております。適時更新してまいりますので、ご活用いただければ幸甚に存じます。

トレーニング再開に対するガイドライン

COVID-19:アスリートのための安全なトレーニング再開に関する
NSCAガイドライン

不活動後の移行期にトレーニングに安全に復帰するための
CSCCaとNSCAの合同総合ガイドライン

画像クリックでPDFが開きます

【PDF中の※について】
セット数×レップ数×%1RM(少数)=強度相対量
例:3セット×12レップ×60%1RM(0.6)=21.6
この場合推奨値の11~30内であるため適切な強度といえる
画像クリックでPDFが開きます
ガイドライン本文はこちら(PDF) ガイドライン本文はこちら(PDF)

給付金・助成金・補助金の情報

内閣府

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策(ウェブサイトlaunch

経済産業省

新型コロナウイルス感染症関連(ウェブサイトlaunch

厚生労働省

雇用調整助成金について(PDF資料launchYouTube動画launch

スポーツ庁

新型コロナウイルス経済対策 スポーツ団体・個人向け支援策・お問合せ一覧(ウェブサイトlaunch

日本政策金融公庫

経営環境変化対応資金(セーフティネット貸付)(ウェブサイトlaunch

都道府県、市町村など各自治体の支援策

都道府県別の補助金・助成金・融資の情報まとめ(J-Net21ウェブサイトlaunch

東京都の場合

  • 東京都(補助金・助成金・融資情報)(J-Net21ウェブサイトlaunch
  • 新型コロナウイルス感染症に対応した中小企業支援(追加対策):報道発表資料(東京都ウェブサイトlaunch
    1. 新たな制度融資メニューの創設
    2. 資金繰り及び経営に関する特別相談窓口の夜間延長
    3. フリーランスを含む個人事業主特別相談窓口の設置

千葉県の場合

その他の情報

FIA フィットネス関連施設における新型コロナウイルス感染拡大対応ガイドライン

日本フィットネス産業協会(FIA)より、緊急事態宣言解除に伴って「フィットネス関連施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン」の改定版が発表されました。フィットネス関連施設からのクラスター発生を抑止することを前提としたよりハードルの高い内容となっていますので、施設関係者はぜひご参考にしてください。
一般社団法人 日本フィットネス産業協会ウェブサイトlaunchPDF資料launch

社会体育施設の再開に向けた感染拡大予防ガイドライン

PDF資料の巻末にはチェックシートも添付されていますので、参考にしてください。
スポーツ庁ウェブサイトlaunchPDF資料launch

個人事業主・フリーランスと取引を行う発注事業者への要請:発表資料

経済産業省ウェブサイトlaunchPDF資料launch

要請内容

  • 新型コロナウイルス感染症の拡大防止やそれに伴う需要減少等を理由に、個人事業主・フリーランスとの契約を変更する場合には、取引の相手方である個人事業主・フリーランスと十分に協議した上で、報酬額や支払期日等の新たな取引条件を書面等により明確化するなど、下請振興法、独占禁止法及び下請代金法等の趣旨を踏まえた適正な対応を行うこと。
  • 新型コロナウイルス感染症により影響を受けた個人事業主・フリーランスが、事業活動を維持し、又は今後再開させる場合に、できる限り従来の取引関係を継続し、あるいは優先的に発注を行うこと。
  • 個人事業主・フリーランスから、発熱等の風邪の症状や、休校に伴う業務環境の変化を理由とした納期延長等の求めがあった場合には、取引の相手方である個人事業主・フリーランスと十分に協議した上で、できる限り柔軟な対応を行うこと。

要請文の使用について(経済産業省からの回答)

経済産業省HP掲載の文書について、各個人事業主やフリーランスが、発注事業者(市町村等の地方自治体を含む)への交渉に本文書を提示することは、問題無しとの回答を経済産業省から受けています。

雇用維持等に対する配慮に関する要請:発表資料

経済産業省ウェブサイト掲載PDF資料launch

要請内容

  • 事業継続や雇用維持に向け、強力な資金繰り支援策や拡充された雇用調整助成金(新入社員の教育訓練時は助成額加算もあり)を活用いただき、従業員の雇用維持に努めていただくこと。新入社員については将来の戦力として雇用を維持していただくこと。
  • 職を失った方の雇入れや、新卒者を対象とした求人を積極的に実施いただくこと。
  • 入職時期を繰り下げた内定者について、早期の入職日を確定させるなど特段の配慮をすること。
  • 2020年度卒業予定者等に対して多様な通信手段を活用した説明会や面接・試験、柔軟な日程の設定など、最大限柔軟な対応を行うこと。
  • 障害者の方の雇用の安定に向けた特段の配慮、及び外国人労働者についても、日本人と同様の配慮をすること。
  • 有期契約労働者、パートタイム労働者及び派遣労働者の方々等の雇用の安定等を図るため、解雇、雇止めや安易な労働者派遣契約の解除等はお控えいただくなど特段の配慮をすること。やむを得ず解雇、雇止め等をしようとする場合でも、社員寮等に入居している労働者については離職後も引き続き一定期間の入居等の配慮をすること。
  • 有期契約労働者、パートタイム労働者及び派遣労働者の方々を含め、有給の特別休暇制度を設けるなど労働者が休みやすい環境の整備、テレワークや時差通勤の積極的な活用の促進、従業員の感染の予防にむけた取組等を行っていただくこと。その際妊娠中の女性労働者や、高齢者、基礎疾患を有する方々に十分に配慮いただくこと。また、小学校等が臨時休業となる場合等もあるため、子どもの世話が必要な労働者が休みやすい環境を整備いただくこと。

調査協力

普段からレジスタンストレーニングを実践されている方の現在のトレーニング状況についての調査
:新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延にともなう政府推奨/実施措置の影響

Center for Open Scienceが実施するアンケートです。新型コロナウイルスによる外出自粛などで行動が制限され、それによってレジスタンストレーニング愛好者・競技者がどのような影響を受けているかを調査するものです。皆様のご協力をお願いいたします。

アンケートに回答する (回答期限:5月16日(土))
アンケートは終了しました。ご協力いただきありがとうございました。

NSCAジャパン会員向け支援

オンラインレッスンの導入サポート

このたび賛助会員の株式会社RASCAL's様より、オンラインレッスンの導入サポート無料提供をご案内いただきました。
オンラインレッスンを始めるまでのツールの準備から導入、集客まで包括的にサポートいただけます。

詳しい情報は、マイページ→お知らせ欄の[各種割引利用]よりご確認ください。