トップ指導者の育成 > 表彰

表彰

最優秀指導者賞

ストレングス&コンディショニングコーチ、またはパーソナルトレーナーとして、会員の手本となるような素晴らしい功績をあげたと認められるNSCA会員(米国会員含む)に対して、その功績を讃えて授与します。

ストレングス&コンディショニングコーチ・オブ・ザ・イヤー2018

大石 益代 氏 CSCS(国立スポーツ科学センター スポーツメディカルセンター コンディショニング課 主任専門職)
前田 規久子 氏 CSCS,NSCA-CPT(国立スポーツ科学センター スポーツメディカルセンター コンディショニング課 契約職員)

写真  写真
 (大石 益代氏)   (前田 規久子氏)

平昌パラリンピックにおいて、現地での試合日までのコンディショニングの一環としてトレーニングサポートを行い、研究者、コーチ、選手と連携を取る国立スポーツ科学センターの一員として、測定結果等のデータを指導に応用し、新田佳浩選手、村岡桃佳選手の金メダル獲得に貢献したことによる。


パーソナルトレーナー・オブ・ザ・イヤー2018

(該当者なし)

昨年度の受賞者はこちら

森永最優秀研究論文賞・森永最優秀事例報告賞 (旧エンゼル賞)

『ストレングス&コンディショニングジャーナル』への投稿記事の中から、年1回、最優秀論文(研究論文および実践報告より各1篇)を選出し、森永最優秀研究論文賞・森永最優秀事例報告賞として表彰します。

森永最優秀研究論文賞

山口 翔大 氏(CSCS,早稲田大学スポーツ科学研究科)

「遅発性筋肉痛時に更なる伸張性運動を行なうことで次に生じる遅発性筋肉痛は抑制される」

森永最優秀事例報告賞

竹田 大介 氏(CSCS,NSCA-CPT,株式会社肉体改造研究所)

「超高齢女性におけるパーソナルトレーニングが筋肉量に及ぼす影響についての一事例」

昨年度の受賞者はこちら

永年会員継続20年表彰

NSCAジャパンの活動にご賛同くださり、20年間会員継続された方に、感謝の意を表し授与します。

秋山 昌俊 氏(兵庫県) 浅子 覚 氏(千葉県) 阿部 隆行 氏(埼玉県) 有馬 康泰 氏(千葉県)
池田 克也 氏(京都府) 上田 大 氏(神奈川県) 大西 太一 氏(福井県) 岡田 裕二 氏(愛知県)
木下 貴文 氏(兵庫県) 木下 喜樹 氏(兵庫県) 木全 晶裕 氏(東京都) 木村 裕邦 氏(神奈川県)
齋藤 清昭 氏(千葉県) 山後 恭一 氏(神奈川県) 釋迦野 亮 氏(東京都) 関根 慎 氏(東京都)
高津 諭 氏(兵庫県) 高橋 順彦 氏(愛知県) 武田 明人 氏(大阪府) 田中 信也 氏(広島県)
田中 美季 氏(香川県) 鶴見 晃成 氏(愛知県) 中村 幸次 氏(埼玉県) 萩原 昌伸 氏(群馬県)
馬上 昌幸 氏(東京都) 長谷川 督 氏(千葉県) 花田 理 氏(滋賀県) 早坂 ひとみ 氏(山形県)
林 和尚 氏(大阪府) 深間内 誠 氏(三重県) 前田 知彦 氏(東京都) 松下 輝 氏(千葉県)
松元 弘二 氏(鹿児島) 宮崎 純代 氏(大阪府) 山本 美由紀 氏(愛知県) 横山 淳 氏(北海道)
吉沢 厚志 氏(京都府) 渡辺 健 氏(秋田県) ※五十音順

NSCAジャパン賞

NSCAジャパンに対して、ボランティア活動として、著しく大きな貢献があったと認められるNSCA会員(米国会員含む)に授与します。

6月に行われる理事会にて選出予定。表彰式は、カンファレンス時に行います。

昨年度の受賞者はこちら

理事長賞

NSCAジャパン役員および委員等が退任されるにあたり、会への多大なる貢献に対して感謝の意を表し授与します。

6月に行われる理事会にて選出予定。表彰式は、カンファレンス時に行います。

昨年度の受賞者はこちら

感謝状

無償でNSCAジャパンの活動に、大きな貢献のあったと認められる個人または団体に授与します。

(該当者なし)

昨年度の受賞者はこちら

ページトップへ